福島県いわき市のニュースやお悔やみ情報をお届けします

片隅抄

2019.01.23

日本の伝統芸能の一つに講談がある。歯切れよい口調、独特のリズムで物語を展開、聞く人を魅了する。その芸を伝える講談師に本市出身の神田香織さんがいる▼東日本大震災直後、一度だけ取材でお会いしたことがある。当時、被災者が身を寄せていた勿来体育館を訪れ、お年寄りらの話を聞きながら、優しい言葉をかけていた。芸に生きる人だけに当たりがきついかと思ったが、そんなそぶりも感じなかった▼2月9、10日にわたり神田さんが市内で芸を披露する。まず9日は市文化センターで「神田香織、天田愚庵の青春を語る」。翌日も同じ会場で「花も嵐も講釈師が語ります~バツイチ子連れ、泣き笑い半世紀~」が開かれる▼本市出身の歌僧天田愚庵の青年期、次は夢を追った上京時から傷心後の帰郷などを仕事、子育てとともに語る。長い時間をかけ磨き上げたプロの話芸は、聴衆を飽きさせることはない。10日は申し込み制だが、いずれも入場無料。

PR:いわき市北部地域を中心に、児童養護施設、老人保健施設、特別養護老人ホーム、ケアハウスをはじめ、診療所とデイケア、デイサービス、居宅介護支援、訪問介護、訪問リハビリと多種多様な福祉、医療事業を展開しております。

カテゴリー

月別アーカイブ

海産物加工品の製造販売 丸市屋

関連記事

PAGE TOP