福島県いわき市のニュースやお悔やみ情報をお届けします

ニュース

県議選いわき市選挙区 坂本竜太郎氏は出馬せず 国政進出に含み

 11月2日告示―12日投開票の県議選いわき市選挙区(定数10)を巡り、自民党の坂本竜太郎県議(43)=2期、植田町=は25日、立候補しないことを正式に発表した。坂本氏は25日夕方、福島市の県庁で記者会見し、同日付で県議選の公認辞退を党県連に提出し、認められたと明らかにした。かねてから取りざたされている国勢進出は否定せず、今後に関しては「熟慮を重ねたい」と述べた。 
 記者会見にあたり、坂本氏は「政治の世界から身を引くわけではない」と強調し、自民党籍も継続すると語った。県議選では他の自民党候補の支援をするほか、党県連青年局長としての職責を全うするとも述べた。西山尚利・県連幹事長が同席した。
 いわき市選挙区は、自民党候補者が5人から4人となる。関係者によると、今回の県議選では坂本氏の代わりは擁立しないが、次回は後継者を立てる方針。
 不出馬の判断は1人でしたといい、24日夜から25日朝にかけて決断したという。次期衆院選の立候補を問われると、明言を避けたが、「政治家として、次のステップを考えたい」とにじませた。
 次期衆院選から県内の選挙区は5から4に減少し、いわき市を含む浜通り全体が「新福島4区」となる。自民党の新福島4区支部長は、8期務める元復興相の吉野正芳氏(75)=植田町=が務めており、どのような判断が下されるか注目される。
 また新福島4区では、共産党が新人で、党いわき・双葉地区委員長の熊谷智氏(43)の公認を決めており、日本維新の会も新人の候補者を模索している。

PR:いわき市北部地域を中心に、児童養護施設、老人保健施設、特別養護老人ホーム、ケアハウスをはじめ、診療所とデイケア、デイサービス、居宅介護支援、訪問介護、訪問リハビリと多種多様な福祉、医療事業を展開しております。

カテゴリー

月別アーカイブ

海産物加工品の製造販売 丸市屋

関連記事

PAGE TOP