福島県いわき市のニュースやお悔やみ情報をお届けします

片隅抄

2016.11.09

秋の全国火災予防運動が今日からスタートした。今回の統一防火標語は「消しましょう、その火その時その場所で」。火を使う機会が増えるだけに十分に注意したい▼火災が起きたとき、一番の強い味方は、何といっても消火にあたる消防署員と地域消防団の人たち。中でも、消防団員はボランティアにもかかわらず、災害時には人命救助、警戒巡視、避難誘導などでも活躍するだけに本当に頭が下がる▼ところが、全国的に人口減少や少子高齢化が進む中、消防団員の確保が年々難しくなり、年齢も高齢化している。これはいわき市でも同じことが言え、関係者は消防団員確保の難しさを強く訴える▼消防団員は火災に限らず地震や台風などの災害時にも働きが期待されるだけに、ある程度の人員は必要だ。大変なのは承知の上だが、火事や災害時から市民の安全を守るためにも、行政が中心となって人員確保に努め、消防団の今後のあり方についても考えてほしいものだ。

PR:自動貸越サービス機能つき
いわきFC応援口座

カテゴリー

月別アーカイブ

海産物加工品の製造販売 丸市屋

関連記事

PAGE TOP