福島県いわき市のニュースやお悔やみ情報をお届けします

ニュース

タツノオトシゴの仲間お目見え 辰年にちなみ アクアマリンふくしま

 小名浜のふくしま海洋科学館「アクアマリンふくしま」は、今年の干支(えと)「辰」にちなんだ生き物や、おめでたい名前がついた生き物を展示し、来館者たちの注目を集めている。
 縁起物のイセエビ、恵比寿(えびす)様の名前が付いたエビスタイなど存在感を放っているが、中でも注目は「タツノオトシゴ(龍の落とし子)」仲間のポットベリーシーホース。飼育担当の〝すばる君〟こと城倉昴さん(23)によると、南太平洋からオーストラリア、ニュージーランド、タイ、フィリピンにかけて分布し、海藻のある沿岸付近に生息する。
 南国などにすむことから生息域の海水温も高いかと思いきや、「いや15度ぐらいですね」。生態も興味深く、オスは育児嚢(のう)という袋の中で卵が幼魚になるまで世話をする、元祖イクメン=今や死語=だ。
 タツノオトシゴの仲間の中では大型になるため、別名は「ビックベリーシーホース」。城倉さんは「滝を登ったコイが龍になるという伝説は有名。意外と身近にある生き物と龍(辰)とのつながりを展示を通してみていただければ」と語り、来館者にとって、登り龍のような輝かしい1年となることを願っていた。

PR:いわき市北部地域を中心に、児童養護施設、老人保健施設、特別養護老人ホーム、ケアハウスをはじめ、診療所とデイケア、デイサービス、居宅介護支援、訪問介護、訪問リハビリと多種多様な福祉、医療事業を展開しております。

カテゴリー

月別アーカイブ

海産物加工品の製造販売 丸市屋

関連記事

PAGE TOP