福島県いわき市のニュースやお悔やみ情報をお届けします

ニュース

植田・本町通り 5日に恒例「歩行者天国」開催 飲食ブースや音楽ステージなど

 植田町の本町通りで5日、復興・交流祭「第46回歩行者天国」(うえだ商店会主催)が開かれる。
 歩行者天国は年2回行われており、5月はこどもの日の恒例行事。昨年は新型コロナウイルスの感染拡大を経て、4年ぶりに開催され、コロナ禍前と同じ約2万人(主催者発表)が訪れたとあって、今年も盛り上がりが予想される。午前9時から午後3時まで。雨天決行。
 約400mの通り沿いには、地元の飲食店や商店など33のブースを設けるほか、磐城農業高が手がけた商品が並ぶ「磐農ストア」や、勿来工業高の各科による工作体験も展開。常磐共同火力勿来発電所の「電気を大切さを知ろうコーナー」や、いわき南署の交通安全フェア、勿来消防署の消防自動車撮影会なども予定する。
 東邦銀行植田支店わきのメインステージは、午前9時から植田小吹奏楽部による演奏で幕を開け、同9時50分からは植田八幡神社が浦安の舞を披露。同10時15分から磐城一高のフラ、同11時20分から琉球國祭り太鼓、同11時45分と午後0時40分から藤本恭子歌謡ショーと続く。
 またセブン―イレブンいわき植田町中央1丁目店の駐車場で、午前9時から東田保育園が和太鼓を演奏。常陽銀行植田支店と植田郵便局の前にもステージが組まれ、地元のバンドなどが歩行者天国に花を添える。
 (写真:歩行者天国をPRする担当者)

PR:全国各地から厳選した「旬の魚」を吟味しすべて「生」からお造りいたしております

カテゴリー

月別アーカイブ

海産物加工品の製造販売 丸市屋

関連記事

PAGE TOP