福島県いわき市のニュースやお悔やみ情報をお届けします

ニュース

「床下浸水50cm未満に県独自の支援を」内田市長 内堀知事に緊急要望

 内田市長は15日、台風13号に関連した記録的大雨に伴い、内堀知事に対して、被災者生活再建支援法から外れる床下浸水50cm未満の被害に関し、県独自の支援制度を創設するよう緊急要望した。南相馬市の門馬和夫市長も一緒に求めた。
 同法では最大300万円の支援が行われるが、床下浸水50cm未満の場合は、住宅を解体しないと適用されない。このため2019(令和元)年の東日本台風では、県独自に1世帯10万円を支給する制度を設けた。
 いわき市では東日本台風で、計6725件のり災証明書の申請があったが、うち3633件で10万円が支給され、生活再建の一助となった。内堀知事は「被災された方の住まいの確保に向けて、要望はしっかりと受け止める。一日も早い生活・なりわい・インフラの再生に取り組んでいく」と強調し、前向きな姿勢を示した。

PR:いわき市北部地域を中心に、児童養護施設、老人保健施設、特別養護老人ホーム、ケアハウスをはじめ、診療所とデイケア、デイサービス、居宅介護支援、訪問介護、訪問リハビリと多種多様な福祉、医療事業を展開しております。

カテゴリー

月別アーカイブ

海産物加工品の製造販売 丸市屋

関連記事

PAGE TOP